派遣で人生初の会社員

工場系の派遣の仕事

工場系の派遣の仕事

昨年の11月末、短期間に高時給で稼げる仕事先を探している時に、派遣会社に登録しました。私の出した希望条件は時給以外に、地元付近(自宅から交通機関を利用して30分以内)で通える場所にあり、交通費が支給され、残業代もきちんと支給される会社というものでした。登録した派遣会社から紹介されたのは希望条件を満たした工場系の仕事でした。
その工場には、同じ派遣会社からもう1人同一の部署に同時に配属された人がいたので、お互い励ましながら仕事をしていました。その部署では大半を派遣社員が占め、正社員の方が少数でした。そして、部署内でもパート分けがされており、正社員の下に派遣社員がついて仕事をしていました。私も、研修期間が終わりパート分けをされると、そこは正社員1人に対して派遣は1人だけでした。その上司にあたる正社員の方は、他部署との打ち合わせ等でいなくなることが多々あった為、基本的にはその部署内での作業は私1人で行わなければなりませんでした。そこで初めてせきにんじゅうだいなポジションにつかされたことに気づいたのですが後の祭り。同期の派遣社員にも派遣元の担当の方にも相談できずに、徐々にストレスを感じるようになって仕事先に向かうことも辛くなりました。
結局、契約期間満了を前にドロップアウト。派遣会社も対応良くしていただいてましたし、派遣先も福利厚生等は好条件だったのでもう少し長く続けようと思っていたところでした。しかし、辞めたいと感じてからは高熱を出したり身体も拒否反応を起こし出したので、結果的には早めに決断しといて良かったと思います。
ただ、本当に最初の段階で、派遣会社の担当の方や周りの状況を理解してくれる人に相談していれば、契約期間は働き続けれたかな、とも思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ