前へ
次へ

キレイに使うのも不動産売却のコツ

不動産売却では内覧をしますが、外観や内装だけで8割は決まるといいます。生活感が出ているような場合には、不動産売却は不利です。もちろん、住みながらでも不動産売却はできるようで、内覧にくる時に買い手となる人のために部屋をキレイにしておくのはマナーです。水まわりは主婦が必ずチェックするところですし、ゴミや汚れは生活感が強く表に出てしまいますから、不動産売却ではマイナスです。商談したくとも内覧までで終わってしまいがち、不動産業者からアドバイスされてからは、掃除と荷物の整理まで行い、生活感が薄くする空間を演出するように努めました。マンションという不動産売却に成功した知人は、キッチンや浴室、トイレの汚れに悪戦苦闘、男性だったこともあり、家事は苦手だったようで、ハウスクリーニングにお願いしたようです。自分の場合は、空き家でしたから、ほとんどを処分できました。また、不動産売却では土日祝日、さらに早朝や夜の内覧に対応していました。それだけで内覧したい希望者は増えたので、ぜひやってみてほしいです。

Page Top