前へ
次へ

買い手に有利になるような不動産売却

不動産売却ではリフォーム済とすることにより、その内容を買い手が良く思ってくれるなら成立するでしょうが、不動産売却では売り手より買い手に有利になります。買い手がいないと不動産売却は成立しませんから、値引き交渉もどちらかといえば買い手に有利にことが進みます。不動産売却でリフォームしたからといっても気に入る保証なんてありません。ナチュラルな家が好きなのに、シックな家にリフォームされていれば、リストから除外されます。ナチュラルでも、まったく的外れとなれば、そこをリフォームし直すことになるため、二度手間です。中古の不動産売却ではリフォームはしないことが得策だといいます。好みは人それぞれ、良かれと思うのは売り手の勝手な判断です。住みたくないと思われてしまえば不動産売却が難しくなります。手を加えるとなるなら、デザイン面でなく機能性の回復までに留めるのがよいでしょう。自分の場合には、安く家を買いたいニーズに絞り、販売戦略を練っています。自分好みにしたいと考える人へ売り込みます。

Page Top